MENU

 現在彼女無しだから、性的な処理をすることが出来ないでいて、何とかオマンコ貸してくれる女の子探さなきゃって気持ちがありました。
セックスしたのは随分と前の事だし、とにかく肉穴が欲しくてしかたがない状況になっていました。
エッチの女の子は世の中にたくさんいるのにもかかわらず、なかなか俺の周囲には現れてくれませんでした。
だからこそ街でナンパして、オマンコたくさん決めようと思っていたのにもかかわらず、ナンパは見事に失敗してしまいました。
何日間もチャレンジしてみたのにもかかわらず、股間のガードが固い女の子を見つける事が出来なかったのです。
声をかけた相手が悪かったのか、俺のルックスが良くなかったのか、声のかけ方が悪かったのか、何が良くなかったのか分らなかったのです。
世の中にはセフレ探して、オマンコの穴に突っ込んで楽しんでいる奴らがたくさんいるらしいのに、俺の前にはそんな女の子が現れないのは悔しい気持ちもありました。
何としてでもセフレ募集して、セックスを楽しみまくりたいって思う気持ちばかりが強くなって、焦りすら感じてしまってたんです。
女の子と出会うことが無いまま、性欲だけはさらに強くなっていくばかりだし、なんとしてでもエッチな相手探さなければって状況になっていました。
オマンコのハードルが無いようなの女の子が存在しているのにもかかわらず、女日照りが続いているとは、これは本当に辛い気分でした。
俺の荒れ狂うペニスを何としてでも鎮める必要があったし、サセコの肉穴で爽快射精したいって気持ちが痛烈に強いものになっていきました。
スッキリしない俺の顔を見てかどうか、キャンバスの友達が声をかけてきたんです。
それで、街中でナンパしたけど失敗だらけで上手くいかなかったって話を向けたら、呆気にとられたような顔をしていました。
「お前そんなアナクロな事したのかよ(笑)」